お 墓参り 花 タブー: 最高の総合ガイド

お 墓参り 花 タブー

お墓参りに欠かせないものの一つがお花です。 故人やご先祖様とこの世の私たちを繋いでくれる大切な花ですが、お墓参りの花はどのように選んでいますか?

自分が選んだ花がお墓参りに適しているかどうか不安になる方もいるかもしれません。 また、マナーやタブーが気になり、お供えの花の選び方が分からないという方もいるでしょう。

お花を贈るときのマナーやタブーを知らないと、いざというときにパニックになってしまいます。 そこで今回はFlowerjp.comがお 墓参り 花 タブーやマナー、タブー、おすすめの花などをご紹介します。

お 墓参り 花 タブー: 最高の総合ガイド

お墓へのお花のお供えにもマナーがあります。 最近はマナーよりもお墓参りが重視される傾向にありますが、できるだけマナーに従ってお花を用意しましょう。

1. 奇数が良い

お 墓参り 花 タブー

お墓に供える花の数は奇数だそうです。 3、5、7 が推奨されます。 また、花台にちょうど収まるくらいの数にしましょう。 花台に花を入れすぎると、花の茎が圧迫されて傷みやすくなります。 また、小さすぎると花が安定しません。

スタンド花の種類や大きさにもよりますが、一般的なスタンド花の大きさから考えると3本だと少なくなり、7本では多くなる傾向があります。 したがって、お墓参りに最適な数は5つ程度です。

2. 花の色

に行くときは花を明るくしないほうがいいと思っている人も多いでしょう。 ただし、お墓に供える花は、色鮮やかで明るい色の組み合わせが好まれます。

好ましい色は「白、黄、紫」の3色、「白、赤、黄、紫」の4色、「白、赤、黄、紫、ピンク」の5色です。 という組み合わせが一般的です。

ただし、葬儀や故人が亡くなった直後の場合は、明るい色を選ぶのではなく、白や紫などの落ち着いた色の花を用意するのがマナーです。

3. 対称的

お 墓参り 花 タブー

お墓に花を供えるときは左右対称になるように供えましょう。 これは楽園のイメージです。 また、左右対称にすることでバランスが良く見た目も良くなります。

花を購入する際は左右対称に飾れるよう購入を検討すると良いでしょう。 花束として販売されている花を購入する場合は、2 つの束を購入することをお勧めします。

自分より年上の人よりも高価な花を買わないでください。

一緒にお墓参りをする人がいる場合は注意してください。 相手があなたより年上の場合は、その人が買った花よりも高い花を買わないでください。 上司よりも高価な花を買って持っていくと、上司の気分を害してしまう可能性があります。

4. 物議を醸す造花と生花

お墓参りのお供え物として造花は良いのか、それとも造花は好ましくないのか、意見が分かれています。 造花が良いという意見は、長期間きれいな状態を保つことができ、虫もつきにくいため造花が適しているという意見です。

否定的な意見は、造花を使用するとお墓参りの機会が減り、だらしないと見なされるというものです。 また、造花は仏教の教えに反すると考える人もいます。 トラブルを避けるために、普段は造花を使っていても、お盆や正月などには生花を使うことをおすすめします。

造花に対する考え方は宗派によって大きく異なると言えます。 そのため、造花にするか生花にするかは、目上の人や家族と相談して決めるとよいでしょう。

5. 後で使うために家に持ち帰る

墓地や霊園など管理人がいる場所では、お供え物はすべて持ち帰るというルールがある場合もあります。 お墓の周りが汚れるのを防ぐためと衛生上の観点からです。 食品だけでなく、花などの非食品も含まれる場合があります。

持ち帰るタイミングは、お墓参りに来た人が全員終わった後です。 お参り後は花台から外してお持ち帰りください。

お墓にお供えした花を持ち帰る場合は、仏壇には供えず、リビングや床の間に飾ってください。 また、生花の使用を禁止している納骨堂も珍しくありません。

なぜお墓に花を供えるのでしょうか?

世界の多くの場所では、お墓に花を供える習慣があります。 文化、個人の信念、宗教によって異なる意味や目的を持つこと。 いくつかの理由を列挙しました。

1. 敬意と敬意:

故人への敬意と敬意を示す方法として、お墓に花を供えます。 花は美しさと優しさの象徴と考えられており、お墓に花を供えることで故人への愛と感謝の気持ちを表すことができます。

2. 記念:

花は故人を思い出させる具体的なものとして役立ちます。 ポジティブな記憶や出来事を思い出すのに役立ちます。 これらの記憶は、悲しみを思い出し、処理する上で重要です。

3. 快適さ:

多くの人にとって、花は心を落ち着かせ、慰める効果があります。 お墓に色とりどりの花が咲いているのを見ると、悲しみの中に安らぎと安らぎをもたらしてくれます。 したがって、花を供えることは、生き残った親族に慰めを与え、対処プロセスを助けることができます。

4. 象徴性:

花にはそれぞれ異なる象徴的な意味があり、故人の好きだった花をお墓に置くこともできます。 象徴的な意味の例として、ユリは純粋さ、バラは愛と敬意、菊は哀悼と関連付けられることがよくあります。 特定の花を選ぶことで、人は特定の感情や意味を伝えることができます。

5. 自然とのつながり:

花は自然の一部であり、多くの場合、ライフサイクルと関連付けられています。 お墓に花を飾ることは、自然とのつながりや人生の進歩を表すことができます。

6.  感情の表現:

時々、悲しみや悲しみを表現するには言葉が不十分であると思われることがあります。 花は言葉では言いにくい感情を表現する手段として機能します。 故人が好きだった花や明確な意味を持つ花を供えると、言葉以上のことが伝わることがあります。

7. 伝統と儀式:

お墓に花を供えることは、多くの文化で行われている古代の伝統です。 多くの場合、それは故人への敬意を示し、家族を支援することを目的とした宗教的儀式や葬儀の習慣の一部です。 多くの国で、諸魂の日はカトリック教徒が故人を追悼する日です。 諸魂の日は諸聖人の日の翌日、11月2日です。

8. 集まりと共有:

お墓に花を手向けることは、人々が集まり悲しみを分かち合い、お互いに支援し合う共同活動にもなりえます。 たとえば、故人の生年月日や死亡日を考えてみましょう。 一般的に、お墓に花を手向けることは、喪失感、愛情、尊敬の気持ちを表現し、故人の思い出とつながる方法となります。

お墓参りにおすすめの花

お 墓参り 花 タブー

お墓参りの定番の花と宗教ごとのおすすめの花をご紹介します。 お墓にどんな花をお供えすればよいか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1. 菊

菊はお墓に供える花として人気があります。 極楽に咲くとされる菊の花は、お墓参りだけでなく通夜や葬儀にもよく使われます。 菊は日持ちが良く、枯れても花びらが散らないため、お墓参りに適しています。

菊は一年中購入でき、手に入りやすいことも人気の理由です。

2. リリー

ユリは高貴な花とされており、華やかでおすすめです。 しかし、ユリには花粉があり、墓石や衣服を汚し、落ちません。 お召し上がりになる前に必ず花粉を取り除いてください。 また、ユリは香りが強いと感じる人もいるため、お墓に供える花としては不向きと考える人もいるので注意が必要です。

白百合は聖母マリアを象徴する花です。 キリスト教の儀式でも供花として用いられるため、宗教を気にせずお供えできる花でもあります。

3. カーネーション

カーネーションは春のお墓参りや母の日の花としておすすめです。 花の色の種類もたくさんあります。 白いカーネーションは清潔感と厳粛な雰囲気、ピンクのカーネーションは上品で温かみのある雰囲気を持ちます。 スプレーブルームタイプはアクセントとしても使えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *